Home伝道所案内 | 集会案内 | こひつじクラブ | みどりのまきば会 | クリスマス礼拝 | 行事予定 | 牧師より | みことば通信 | こひつじクラブ活動紹介 | 礼拝Q&A | 交通アクセス | 特別伝道集会 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みことば通信-牧者の声 No.3

10 06, 2013
*****************
私は身を横たえて、眠る。私はまた目をさます。主がささえてくださるから。 詩篇3:5
*****************
これは個人的、日常的な信仰歌です。詩人は、夜眠り朝目を覚ますというきわめて日常的な営みの中にも主の支えを覚え、感謝しています。
詩人ダビデの境遇といえば、実の子アブシャロムの反乱に遭い、荒野をあちこち逃げ回り、野宿をし、岩穴に隠れ、風の音にも目を覚ますという状況でした。けれども、彼は主を見上げ、主の助けを確信して、平安が次第に心を浸しました。ゆえに、まるで親の両腕に抱かれた赤ん坊のように安らかに眠り、朝平安のうちに目を覚ますのでした。
目を覚ましたダビデは、「あなたの祝福があなたの民の上にありますように。」[8]と心から祈りました。自分のためばかりでなく、自分に刃を突きつけている者のためにも祝福を祈るのです。これこそ信仰者の姿ですね。
恵みと祝福、導きを祈ります。
*****************
Posted in みことば通信
日曜日は教会へ
教会堂
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


リンク

2016年伝道所テーマ
主と共に歩む
たとい、死の陰の谷をあるくことがあっても、 私はわざわいを恐れません。 あなたが 私とともにおられますから。
詩篇23篇4節
主が彼とともにおられ、主が彼のすること すべてを成功させてくださる…
創世記39章3節
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。