Home伝道所案内 | 集会案内 | こひつじクラブ | みどりのまきば会 | クリスマス礼拝 | 行事予定 | 牧師より | みことば通信 | こひつじクラブ活動紹介 | 礼拝Q&A | 交通アクセス | 特別伝道集会 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みことば通信-牧者の声 No.17

11 07, 2014
*****************
あなたの指のわざである天を見、あなたが整えられた月や星を見ますのに、人とは、何者なのでしょう。あなたがこれを心に留められるとは。人の子とは、何者なのでしょう。あなたがこれを顧みられるとは。 詩篇8:3,4
*****************
神様はなぜ人を「心に留められるのでしょう」、どうして「顧みられる」のでしょう。いくら考えても、自分の中にその理由は見当たりません。しかし、神様は私たちのことを心にかけて忘れないと言われるのです。不思議なことです。
さらには御子を私たちのために下さるのですから、神様の人への恩恵は徹底しています。イエス様の十字架と復活によって、堕落した人間は再び「栄光と誉れの冠をかぶらせられた」[8:1]のです。賛美と感謝しかありません。
恵みと祝福、一日の導きを祈ります。
*****************
スポンサーサイト
Posted in みことば通信
日曜日は教会へ
教会堂
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


リンク

2016年伝道所テーマ
主と共に歩む
たとい、死の陰の谷をあるくことがあっても、 私はわざわいを恐れません。 あなたが 私とともにおられますから。
詩篇23篇4節
主が彼とともにおられ、主が彼のすること すべてを成功させてくださる…
創世記39章3節
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。